投稿者 : webmaster 投稿日時: 2020-10-10 18:36:52 (19 ヒット)
アカデミック・コーチング学会第5回年次大会@Zoom
「オンライン授業での学びの創造とコーチング」

日時:2020年10月24日(土)13時00分~18時00分 
会場:Zoom
  会長: 菅原秀幸(北海学園大学)
 大会実行委員長: 森 直久(札幌学院大学)
 大会実行副委員長: 原口佳典(コーチングバンク) 

★お申込み https://peatix.com/event/1667924/view

■参加費
・会員 無料/非会員1,000円

■スケジュール
【12時~13時 総会・理事会】
12時00分 会員総会 
12時30分 理事会(@控室にて)

【13時00分~16時00分 研究発表】
13時00分 会長挨拶
13時10分 基調講演(講師調整中)
14時00分~16時00分 ポスターセッション(各セッション30分)

「もっとコーチングを大学教育に!①ウエブ授業運営からの学び②実践と研究の進め方」
 佐藤典子(一橋大学国際企業戦略研究科博士課程後期在学中、並びにIPU環太平洋大学特任教授)

「大学授業におけるpeerコーチングの実践報告」
 鬼頭恭子(名古屋女子大学 非常勤講師)

「遠隔授業における学生への個別対応実践報告」
 和氣頼子(あいだの力学 大学非常勤講師)

「コーチングでよく出てくる『自己肯定感』の正体についての疑問」
 原口佳典(株式会社コーチングバンク 代表取締役)

【16時00分~18時00分 オンライン懇親会(情報交換会)】 

★お申込み https://peatix.com/event/1667924/view

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2020-08-10 21:20:50 (151 ヒット)
第5回大会の発表者申し込みが開始されました。
参加申込はいましばらくお待ちください。

*第5回大会 2020年10月24日(土)@Zoom
 テーマ:「オンライン授業での学びの創造とコーチング」(仮)

 会長: 菅原秀幸(北海学園大学)
 大会実行委員長: 森 直久(札幌学院大学)
 大会実行副委員長: 原口佳典(コーチングバンク)

 公募開始 2020年8月5日(水)  
 公募締切 2020年9月2日(水)  
 決定通知 2020年9月23日(水)  
 原稿締切 2020年10月1日(木)
 (発表者は会員に限ります)

■応募書類
  下記よりダウンロードの上、ご利用ください。
  http://academic-coaching.org/doc/ACC_taikai_2020.zip
 

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-10-06 17:23:00 (211 ヒット)


★終了しました。
 大会資料
 http://academic-coaching.org/pdf/ACA_taikaishiryo_2019.pdf


大会テーマ:「実務家と研究者が紡ぐ新しい研究と実践のあり方」

日時:2019年11月3日(日・祝)

会場:明治大学グローバルフロント
(東京都千代田区神田駿河台1丁目1)

参加申込:
https://academic-coaching4.peatix.com/view

会長: 菅原秀幸(北海学園大学)
大会実行委員長: 阪井和男(明治大学)
大会実行副委員長: 江藤真規(サイタコーディネーション)

参加費:5,000円(会員/非会員、資料代込)
懇親会:4,500円

プログラム:

【10時~12時 一般公開セッション(参加費無料)】@グローバルホール
司会:森 直久(札幌学院大学)

09時30分 開場・受付開始
10時00分 会長挨拶
10時10分 基調講演 阪井和男(明治大学教授)
10時50分 特別講演 有元典文(横浜国立大学教授)
11時50分 休憩

【12時~13時 総会・理事会/ランチ休憩】@グローバルホール
♯昼食は御用意しておりませんので、各自、御持参ください。
♯ポスターセッションの準備はこの時間にお願い致します。

12時00分 会員総会 司会:原口佳典(コーチングバンク)
12時30分 理事会(@控室にて)

【13時00分~16時30分 研究発表】@グローバルホール/多目的室

13時00分~14時30分 研究発表@グローバルホール
セクション1:セルフマネジメント
司会:関戸冬彦(白鷗大学)
・発表(3名)
「セルフマネジメントを目指したコーチング手法の考察
 ありえる楽考の取り組み」
 鈴木利和(合資会社ベルノート)
「コーチング形式を取り入れた
 大学での協同学習実践報告と学習形態への考察」
 関戸冬彦(白鷗大学 准教授)
「ピアコーチングを取り入れた自律型英語学習を
 大学生はどのように体験したか―ありえる楽考を参考に―」
 柳瀬真紀(高知大学 非常勤講師)
・発表を受けての対話

14時30分~15時00分 ポスターセッション@多目的室

「基礎ゼミにおける学生の自己受容感向上の取り組み」
 小林隆(群馬県立女子大学・講師)
「医療におけるポジティブ心理学コーチングの実践」
 森谷 満(北海道医療大学 予防医療科学センター)
 他
*ポスターセッション参加者は当日参加(資材費1,000円)も受け付けます。

【いきなりポスターセッション枠参加者】

亀ヶ谷友佑
 「自己調整学習者の発達段階モデルとその定義 次段階へ向上する手法の調整」
小西晃之(ありえる楽考 グラレコ部)
 「グループ対話×グラレコ」
森田敦子(ありえる楽考)
 「ありえる楽考 取り組み事例」
中村律子(日本大学日本語講座 プログラム総コーディネーター)
 「チームで同じゴールを目指そう!教職員のチーム力を高める現場づくりの試み」
鬼頭恭子(桜花学園大学)
 「大学授業における主体形成の一考察」
松友喜美(塾講師)
 「集団授業でも子別指導~受験指導コーチングwith月よみ~
田中裕子(ICFJ 国際コーチ連盟日本支部)
 「ICFJコンバージ・イベントについて」
久米昭洋(常葉大学)
 「エンゲージメントの高い中堅教育を育む組織風土について」
水門菜香(StartBaseU18代表 早稲田大学3年生)
 「アントレプレナーシップ教育の取り組みの中のコーチング」

15時00分~16時30分 研究発表@グローバルホール
セクション2:日本語教育/海外事情
司会:本間正人(京都造形芸術大学 副学長)
・発表(3名)
「日本語教育とコーチングの共通点―対話の分析から―」
 福田紀子(日本大学日本語講座・非常勤嘱託)
 塩島弥生(日本大学日本語講座・非常勤嘱託)
 中嶋めぐみ(日本大学日本語講座・非常勤嘱託)
・発表を受けての対話
・発表(2名)
「IOC (Institute of Coaching)年次総会参加報告」
 佐藤典子(一橋大学大学院国際企業戦略研究科博士課程後期在籍
      環太平洋大学特任教授/キャリアセンター長)
「韓国のコーチング研究事情」
 原口佳典(株式会社コーチングバンク)
・発表を受けての対話

【16時30分~18時00分 パネルディスカッション】@多目的室

16時30分~18時00分 有元典文先生による対話会(登壇者との対話から)
18時00分 閉会予定

【18時45分~20時45分 懇親会(情報交換会)】
場所:ナポリの下町食堂

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-09-02 07:07:17 (214 ヒット)
大会テーマ:「実務家と研究者が紡ぐ新しい研究のあり方」

日時:2019年11月3日(日・祝) 
会場:明治大学グローバルフロント
(東京都千代田区神田駿河台1丁目1) 

■発表者公募スケジュール
 公募開始 8/5(月)
 公募締切 9/2(月)
 決定通知 9/23(月)
 原稿締切 10/1(火)
*発表者は会員に限ります

■応募書類
  下記よりダウンロードの上、ご利用ください。
  http://academic-coaching.org/doc/ACC_taikai_2019.zip

*詳細につきましては決まり次第、追記して参ります。

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-02-17 07:59:03 (201 ヒット)
大会テーマ:「実務家と研究者が紡ぐ新しい研究のあり方」

日時:2019年11月3日(土・祝)

会場:明治大学グローバルフロント
    (東京都千代田区神田駿河台1丁目1)

*詳細につきましては決まり次第、追記して参ります。
 

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-02-11 15:46:50 (240 ヒット)
【テーマ】コーチング実践を論文化する~実践から学んで、研究の方法論を進化させよう
 日時:2019年3月24日(日)13時00分~17時00分
会場:明治大学グローバルフロント7階C4教室
 森 直久先生「実践者に学べば、研究は進化する」
大石加奈子先生 「実践者だから書ける―効果的なコーチング論⽂の作成⽅法」

フラッシュトーク
5分話題提供 + 5分意⾒交換

*話題提供者を募集しています。
「フラッシュトーク」とは話したいことを話してもらうセッションです。
思いつきのアイデア、皆に訴えたいこと、⼀緒に考えたいこと、なんでも結構です。
morichan@sgu.ac.jp までお気軽に。問い合わせも歓迎します。

【講師】
 森 直久先生(札幌学院大学)
 大石加奈子先生(東北工業大学)
 【会場世話人】
 連絡先 明治大学 阪井和男
 【主催】アカデミック・コーチング学会
 【共催】明治大学サービス創新研究所
 【お申込み】 https://kokucheese.com/event/index/555387/
 

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-12-07 08:45:44 (237 ヒット)
【テーマ】コーチング実践からの理論化への試み(仮)

日時:2019年1月27日(日)15時30分~18時30分
会場:明治大学グローバルフロント2階4021教室

久米昭洋先生「学生同士のコーチング実践における相互評価について(仮)」
石川尚子先生「オランダ自分軸コーチング」
宮越大樹先生「アドラー心理学5大理論とロジャーズ、ジェンドリンの技法からコーチングを捉え直す」

【講師】
 久米昭洋先生(常葉大学大学院 初等教育高度実践研究科)
 石川尚子先生(株式会社ゆめかな)
 宮越大樹先生(株式会社アナザーヒストリー)

【会場世話人】
 連絡先 明治大学 阪井和男

【主催】アカデミック・コーチング学会

【共催】明治大学サービス創新研究所

【お申込み】
https://kokucheese.com/event/index/548026/

<p>&nbsp;</p>

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-10-12 12:19:54 (296 ヒット)
【テーマ】コーチング・アプローチと学習効果(仮)

日時:2018年11月3日(土・祝)13時30分開場 14時開始~18時終了予定
会場:明治大学グローバルフロント3階4031教室

【内容】
今年度、最後の研究会では、教育の現場での実践を元に、コーチングによるアプローチと学習効果にはどのような関係があるのか、また、どのように効果測定を行っていくのか、ということをテーマといたしました。会員のみならず、教育関係者の方、教育現場に興味のあるコーチングを実践されている方のご参加もお待ちしております。

久米昭洋先生「小中学校教員初任者研修・初任者指導教員研修の研修連携による効果(仮)」
関戸冬彦先生「英語学習における環境作りにおいてコーチングが果たす役割、学習者への影響や効果(仮)」
(+発表者が追加になる可能性があります。)
*発表者の報告を受けて、会場でワークショップ形式のディスカッションを行う予定です。

【講師】
久米昭洋先生(常葉大学大学院 初等教育高度実践研究科)
関戸冬彦先生(獨協大学)

【会場世話人】
連絡先 明治大学 阪井和男

【主催】アカデミック・コーチング学会

【共催】明治大学サービス創新研究所

【お申込み】 https://kokucheese.com/event/index/540395/

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-09-03 09:06:56 (595 ヒット)
アカデミック・コーチング学会第3回年次大会@北海学園大学テーマ:「教育とコーチングの共創 - コーチングで教育イノベーションを起こす」
日時:2018年9月24日(祝、月)10時30分~18時 懇親会:18時30分~20時30分
場所:北海学園大学7号館 豊平キャンパス https://hgu.jp/guide/access/

会長: 本間正人(京都造形芸術大学)
大会実行委員長: 菅原秀幸(北海学園大学)
プログラム委員長: 森直久(札幌学院大学)
広報委員: 森谷満(北海道医療大学)、関戸冬彦(獨協大学)
総務委員: 石村珠美(札幌保健医療大学)

協賛: 北海学園大学、ISK札幌インターナショナルスクール・幼稚舎、株式会社ゆめかな、プラット22、練成会、株式会社VERSION2、株式会社プレジャーデサイン、菅原秀幸グローバル研究室

参加費:5,000円(会員)、10,000円(非会員)
懇親会:5,000円– ご協賛のおかげでプレミアム価格を実現(ほんとは8,000円)
22世紀脳プレミアム弁当セット:1,500円(北海道22世紀脳プレミアム弁当×北海道22世紀脳プレミアムスイーツ)
セット割り(参加費+懇親会+弁当):10,000円ポッキリ

プログラム:

9時30分 開場・受付開始
10時30分 開会のあいさつ  阪井和男(明治大学教授)
10時40分 会員総会(50分) 司会:原口佳典(コーチングバンク代表取締役)
11時30分 ランチタイム(40分) 休日のため学食は休業

一般公開セッション
12時20分 基調講演1(50分) 本間正人(京都造形芸術大学副学長、本学会長)
13時10分 基調講演2(50分) 菅原秀幸(北海学園大学教授)「22世紀脳教育のかなめ、アカデミック・コーチング」
14時00分 公開コーチング(60分) 宮越大樹(アナザーヒストリー・プロコーチ)×森 直久(札幌学院大学教授)

研究報告セッション― 2トラックで同時進行、全報告を終了後1時間以内にYouTubeアップ
15時00分 研究報告セッション(一人30分)
1.森谷 満(北海道医療大学教授)
 「Solution focused coachingを学生相談の現場で活用する」
2.愛川ようこ(プロコーチ)
 「子どもと保護者へのコーチング・プロフェッショナルとして」
15時30分 研究報告セッション(一人30分)
3.森 直久(札幌学院大学教授)
 「密教の叡智を西洋世界にもたらす日本型コーチング」 
4.佐藤典子(環太平洋大学特任教授)
 「コーチングスキルを学ぶことで学生の対人関係力、セルフ・マネジメント、キャリアビジョンと就活力はどのように変化するか?(その1)」
16時00分 研究報告セッション(一人30分) 
5.稲垣友仁(コーチング・システムズ取締役)× 大庭亨(宇都宮大学教授)
 「コーチングをベースとした、世界にパラダイムシフトを起こす人材を輩出するための次世代教育の形」
6.荒木まさえ(国際コーチ連盟日本支部理事)
 「国際コーチ連盟によるグローバル意識調査報告」
16時30分 研究報告セッション(一人30分)
7.石村珠美(札幌保健医療大学助教)
 「コーチングスキル研修を受けた看護師長の変化-コンピテンシー自己評価に着目して-」
8.菅原秀幸(北海学園大学教授)
 「コーチング研究の疑問、課題、挑戦」

ワークショップ
17時00分 本間正人会長による総括ワークショップ(60分)
18時00分 閉会

懇親会(情報交換会)
18時30分~20時30分 北海道プレミアム懇親会
場所:エノン@ノルべサ2F(東豊線で一駅「豊水すすきの駅」下車徒歩5分)

お申込み先

1)【会員限定】セット割り(大会参加費+お弁当代+懇親会費込み10,000円)
https://kokucheese.com/event/index/532801/ 
2)会員参加(大会参加費5,000円+オプション選択可能)
https://kokucheese.com/event/index/532806/ 
3)非会員参加(大会参加費10,000円+オプション選択可能)
https://kokucheese.com/event/index/532807/
4)一般無料参加(0円):一般公開セッションのみ参加可能です
https://kokucheese.com/event/index/532802/ 

参加費入金先

00130-7-387317
加入者名:アカデミック・コーチング学会

もしくは、下記ににお振り込みくださるようお願い致します。

(ゆうちょ銀行以外の)
【他の金融機関からの振込口座番号】
ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
当座:0387317
口座名:アカデミック・コーチング学会

なお、9月17日以降にお振込いただいた場合、
入金の確認が間に合わない可能性がございます。

当日、受付にてお支払いいただくか、
お振込いただいた控えを御持参ください。

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-04-10 10:06:33 (489 ヒット)
2018年第2回研究会

テーマ「コーチングとナラティヴ」 

なぜコーチングが有効なのか、それを知るヒントとしてナラティヴ(語り)の変化に注目し、コーチングとナラティヴの深い関係を探ります。今回の研究会では、二人の発表者がそれぞれ「ナラティヴ」をキーワードにしつつも、コーチング・セッション内でおきた変化(共時的)と、長期にわたってコーチングが機能していった結果起きた変化(通時的)いう点で異なる視点から考えます。

【講師】 
 饒平名尚子(フェリス女学院大学) 
 江藤真規(東京大学大学院) 


【会場世話人】 
 連絡先 明治大学 阪井和男

日時:2018年06月25日(18:00開場 18:30開始 20:30終了予定)

開催場所:明治大学 グローバルフロント7階C4会議室

参加費:無料

定員:25人(先着順)

主催:アカデミック・コーチング学会

お申込み:下記よりお願いします。
http://kokucheese.com/event/index/516246/

(1) 2 »
会員ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

カレンダー
前月2020年 12月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>
学会誌

学会誌「アカデミック・コーチング研究」

(ISSN:2433-9334)

創刊準備号・創刊号をオンライン発行しました。

創刊準備号(2018.3.31)

創刊号(2019.12.31)