投稿者 : webmaster 投稿日時: 2021-09-06 13:10:55 (120 ヒット)
アカデミック・コーチング学会 第6回年次大会2021@岡山 オンライン開催

●日程:
2021年10月16日(土)IPU環太平洋大学@Zoom

●開催校:
IPU環太平洋大学

■参加費:
会員 無料
非会員 1,000円

■お申し込み:
https://peatix.com/event/3005614/view

●テーマ:
大学教育でコーチングを育む~実務家と研究者が織りなす持続可能性
日本国内の大学におけるコーチングの実践と研究を改めて検証するとともに、モデルケースとしてイギリスやオーストラリアの教育におけるコーチングの発展要因と最先端の研究・実践について知見を広めます。

●内容詳細:(変更あります)
12時45分  総会受付開始
13時~ 総会と理事会
13時15分 受付開始
13時30分 大会挨拶

13時35分 第一部 コーチング研究/実践発表 前半3名(発表20分+質疑応答10分)

「東北大学「基礎ゼミ」でのコーチングを活かしたプロジェクトベースドラーニング」
 大石加奈子先生(東北工業大学/東北大学)

「解決志向コーチングを用いたストレスおよびバーンアウト対策」
 森谷 満先生(北海道医療大学病院)

「叡啓大学における学生向けコーチングの実践状況について」
 松本亮平先生(叡啓大学教育企画課主幹)

15時05分 休憩15時15分 

第二部 コーチング研究発表 後半3名 (発表20分+質疑応答10分)

「LMSを活用したコーチ的な関係づくりの取り組み」
 鬼頭恭子先生(桜花学園大学 非常勤講師)

「素人によるミニマムコーチングの実践報告―大学における外国語学修の意義を探して―」
 橋本和美先生(天理大学国際学部准教授)

「自律学習を促進するためのコーチング+@―英語科目での実践」
 関戸冬彦先生(白鴎大学 准教授)

16時45分   休憩

17時00分 第三部 基調講演:「国際的な視点から見る教育界におけるコーチング」(講演60分+質疑応答30分)

講演タイトル “Coaching in Education:  International Perspectives”
In this presentation, Prof. Christian van Nieuwerburgh will reflect on the ways in which he and his colleagues spread coaching in educational contexts.  What is the case for coaching in education? What does the research suggest? What were the opportunities? What were the stumbling blocks? How did they make allies? 
この講演では教育の文脈でいかにコーチング広めたのかを振り返り、どのような有効な手立てや研究による示唆があるのかを見て行く。これまで自身が経験した機会と阻害要因並びに、いかに協力者を増やして行ったのかについて知見を共有する。

登壇者 Christian Van Nieuwerburgh, Professor, Coaching and Positive Psychology,  Royal College of Surgeons, Ireland
Professor Christian van Nieuwerburgh is a highly sought-after executive coach,  internationally recognised researcher, and educational consultant whose ground-breaking research concerns his specialist interest in the use of coaching in educational contexts.
ニューワーバーグ教授は、エクゼクティブ・コーチかつ国際的に評価された研究者であり、教育コンサルタントでもある。教育界でコーチング活用を促進するために革新的な研究を続けている。
“Coaching in Education”  “Advanced Coaching Practice” など著作、論文多数。海外講演の1つには、IOC (Harvard Medical Schoolがスポンサーのコーチング研究機関)も含む。
通訳 佐藤典子先生

18時30分 休憩

18時40分   クロージング 今日の振り返り
     ファシリテーター 森 直久先生

19時   終了

*終了後、有志でオンライン懇親会を行います。
 

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2021-07-20 16:08:11 (13 ヒット)
2021年10月16日(土)IPU環太平洋大学@岡山(予定)
 公募開始 7/19(月)
 公募締切 8/16(月)
 決定通知 9/6(月)
 原稿締切 9/27(火)
  (発表者は会員に限ります)

*もし岡山県に緊急事態宣言が出された場合は、速やかに全面WEB大会へ変更します。これについての最終決定は理事会の協議において9月16日(木)までに決定します。

■応募書類
  下記よりダウンロードの上、ご利用ください。
 http://academic-coaching.org/doc/ACC_taikai_2021.zip

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2020-10-10 18:36:52 (72 ヒット)
アカデミック・コーチング学会第5回年次大会@Zoom
「オンライン授業での学びの創造とコーチング」

日時:2020年10月24日(土)13時00分~18時00分 
会場:Zoom
  会長: 菅原秀幸(北海学園大学)
 大会実行委員長: 森 直久(札幌学院大学)
 大会実行副委員長: 原口佳典(コーチングバンク) 

★お申込み https://peatix.com/event/1667924/view

■参加費
・会員 無料/非会員1,000円

■スケジュール
【12時~13時 総会・理事会】
12時00分 会員総会 
12時30分 理事会(@控室にて)

【13時00分~16時00分 研究発表】
13時00分 会長挨拶
13時10分 基調講演(講師調整中)
14時00分~16時00分 ポスターセッション(各セッション30分)

「もっとコーチングを大学教育に!①ウエブ授業運営からの学び②実践と研究の進め方」
 佐藤典子(一橋大学国際企業戦略研究科博士課程後期在学中、並びにIPU環太平洋大学特任教授)

「大学授業におけるpeerコーチングの実践報告」
 鬼頭恭子(名古屋女子大学 非常勤講師)

「遠隔授業における学生への個別対応実践報告」
 和氣頼子(あいだの力学 大学非常勤講師)

「コーチングでよく出てくる『自己肯定感』の正体についての疑問」
 原口佳典(株式会社コーチングバンク 代表取締役)

【16時00分~18時00分 オンライン懇親会(情報交換会)】 

★お申込み https://peatix.com/event/1667924/view

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2020-08-10 21:20:50 (265 ヒット)
第5回大会の発表者申し込みが開始されました。
参加申込はいましばらくお待ちください。

*第5回大会 2020年10月24日(土)@Zoom
 テーマ:「オンライン授業での学びの創造とコーチング」(仮)

 会長: 菅原秀幸(北海学園大学)
 大会実行委員長: 森 直久(札幌学院大学)
 大会実行副委員長: 原口佳典(コーチングバンク)

 公募開始 2020年8月5日(水)  
 公募締切 2020年9月2日(水)  
 決定通知 2020年9月23日(水)  
 原稿締切 2020年10月1日(木)
 (発表者は会員に限ります)

■応募書類
  下記よりダウンロードの上、ご利用ください。
  http://academic-coaching.org/doc/ACC_taikai_2020.zip
 

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-10-06 17:23:00 (338 ヒット)


★終了しました。
 大会資料
 http://academic-coaching.org/pdf/ACA_taikaishiryo_2019.pdf


大会テーマ:「実務家と研究者が紡ぐ新しい研究と実践のあり方」

日時:2019年11月3日(日・祝)

会場:明治大学グローバルフロント
(東京都千代田区神田駿河台1丁目1)

参加申込:
https://academic-coaching4.peatix.com/view

会長: 菅原秀幸(北海学園大学)
大会実行委員長: 阪井和男(明治大学)
大会実行副委員長: 江藤真規(サイタコーディネーション)

参加費:5,000円(会員/非会員、資料代込)
懇親会:4,500円

プログラム:

【10時~12時 一般公開セッション(参加費無料)】@グローバルホール
司会:森 直久(札幌学院大学)

09時30分 開場・受付開始
10時00分 会長挨拶
10時10分 基調講演 阪井和男(明治大学教授)
10時50分 特別講演 有元典文(横浜国立大学教授)
11時50分 休憩

【12時~13時 総会・理事会/ランチ休憩】@グローバルホール
♯昼食は御用意しておりませんので、各自、御持参ください。
♯ポスターセッションの準備はこの時間にお願い致します。

12時00分 会員総会 司会:原口佳典(コーチングバンク)
12時30分 理事会(@控室にて)

【13時00分~16時30分 研究発表】@グローバルホール/多目的室

13時00分~14時30分 研究発表@グローバルホール
セクション1:セルフマネジメント
司会:関戸冬彦(白鷗大学)
・発表(3名)
「セルフマネジメントを目指したコーチング手法の考察
 ありえる楽考の取り組み」
 鈴木利和(合資会社ベルノート)
「コーチング形式を取り入れた
 大学での協同学習実践報告と学習形態への考察」
 関戸冬彦(白鷗大学 准教授)
「ピアコーチングを取り入れた自律型英語学習を
 大学生はどのように体験したか―ありえる楽考を参考に―」
 柳瀬真紀(高知大学 非常勤講師)
・発表を受けての対話

14時30分~15時00分 ポスターセッション@多目的室

「基礎ゼミにおける学生の自己受容感向上の取り組み」
 小林隆(群馬県立女子大学・講師)
「医療におけるポジティブ心理学コーチングの実践」
 森谷 満(北海道医療大学 予防医療科学センター)
 他
*ポスターセッション参加者は当日参加(資材費1,000円)も受け付けます。

【いきなりポスターセッション枠参加者】

亀ヶ谷友佑
 「自己調整学習者の発達段階モデルとその定義 次段階へ向上する手法の調整」
小西晃之(ありえる楽考 グラレコ部)
 「グループ対話×グラレコ」
森田敦子(ありえる楽考)
 「ありえる楽考 取り組み事例」
中村律子(日本大学日本語講座 プログラム総コーディネーター)
 「チームで同じゴールを目指そう!教職員のチーム力を高める現場づくりの試み」
鬼頭恭子(桜花学園大学)
 「大学授業における主体形成の一考察」
松友喜美(塾講師)
 「集団授業でも子別指導~受験指導コーチングwith月よみ~
田中裕子(ICFJ 国際コーチ連盟日本支部)
 「ICFJコンバージ・イベントについて」
久米昭洋(常葉大学)
 「エンゲージメントの高い中堅教育を育む組織風土について」
水門菜香(StartBaseU18代表 早稲田大学3年生)
 「アントレプレナーシップ教育の取り組みの中のコーチング」

15時00分~16時30分 研究発表@グローバルホール
セクション2:日本語教育/海外事情
司会:本間正人(京都造形芸術大学 副学長)
・発表(3名)
「日本語教育とコーチングの共通点―対話の分析から―」
 福田紀子(日本大学日本語講座・非常勤嘱託)
 塩島弥生(日本大学日本語講座・非常勤嘱託)
 中嶋めぐみ(日本大学日本語講座・非常勤嘱託)
・発表を受けての対話
・発表(2名)
「IOC (Institute of Coaching)年次総会参加報告」
 佐藤典子(一橋大学大学院国際企業戦略研究科博士課程後期在籍
      環太平洋大学特任教授/キャリアセンター長)
「韓国のコーチング研究事情」
 原口佳典(株式会社コーチングバンク)
・発表を受けての対話

【16時30分~18時00分 パネルディスカッション】@多目的室

16時30分~18時00分 有元典文先生による対話会(登壇者との対話から)
18時00分 閉会予定

【18時45分~20時45分 懇親会(情報交換会)】
場所:ナポリの下町食堂

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-09-02 07:07:17 (295 ヒット)
大会テーマ:「実務家と研究者が紡ぐ新しい研究のあり方」

日時:2019年11月3日(日・祝) 
会場:明治大学グローバルフロント
(東京都千代田区神田駿河台1丁目1) 

■発表者公募スケジュール
 公募開始 8/5(月)
 公募締切 9/2(月)
 決定通知 9/23(月)
 原稿締切 10/1(火)
*発表者は会員に限ります

■応募書類
  下記よりダウンロードの上、ご利用ください。
  http://academic-coaching.org/doc/ACC_taikai_2019.zip

*詳細につきましては決まり次第、追記して参ります。

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-02-17 07:59:03 (261 ヒット)
大会テーマ:「実務家と研究者が紡ぐ新しい研究のあり方」

日時:2019年11月3日(土・祝)

会場:明治大学グローバルフロント
    (東京都千代田区神田駿河台1丁目1)

*詳細につきましては決まり次第、追記して参ります。
 

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-02-11 15:46:50 (365 ヒット)
【テーマ】コーチング実践を論文化する~実践から学んで、研究の方法論を進化させよう
 日時:2019年3月24日(日)13時00分~17時00分
会場:明治大学グローバルフロント7階C4教室
 森 直久先生「実践者に学べば、研究は進化する」
大石加奈子先生 「実践者だから書ける―効果的なコーチング論⽂の作成⽅法」

フラッシュトーク
5分話題提供 + 5分意⾒交換

*話題提供者を募集しています。
「フラッシュトーク」とは話したいことを話してもらうセッションです。
思いつきのアイデア、皆に訴えたいこと、⼀緒に考えたいこと、なんでも結構です。
morichan@sgu.ac.jp までお気軽に。問い合わせも歓迎します。

【講師】
 森 直久先生(札幌学院大学)
 大石加奈子先生(東北工業大学)
 【会場世話人】
 連絡先 明治大学 阪井和男
 【主催】アカデミック・コーチング学会
 【共催】明治大学サービス創新研究所
 【お申込み】 https://kokucheese.com/event/index/555387/
 

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-12-07 08:45:44 (357 ヒット)
【テーマ】コーチング実践からの理論化への試み(仮)

日時:2019年1月27日(日)15時30分~18時30分
会場:明治大学グローバルフロント2階4021教室

久米昭洋先生「学生同士のコーチング実践における相互評価について(仮)」
石川尚子先生「オランダ自分軸コーチング」
宮越大樹先生「アドラー心理学5大理論とロジャーズ、ジェンドリンの技法からコーチングを捉え直す」

【講師】
 久米昭洋先生(常葉大学大学院 初等教育高度実践研究科)
 石川尚子先生(株式会社ゆめかな)
 宮越大樹先生(株式会社アナザーヒストリー)

【会場世話人】
 連絡先 明治大学 阪井和男

【主催】アカデミック・コーチング学会

【共催】明治大学サービス創新研究所

【お申込み】
https://kokucheese.com/event/index/548026/

<p>&nbsp;</p>

投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-10-12 12:19:54 (363 ヒット)
【テーマ】コーチング・アプローチと学習効果(仮)

日時:2018年11月3日(土・祝)13時30分開場 14時開始~18時終了予定
会場:明治大学グローバルフロント3階4031教室

【内容】
今年度、最後の研究会では、教育の現場での実践を元に、コーチングによるアプローチと学習効果にはどのような関係があるのか、また、どのように効果測定を行っていくのか、ということをテーマといたしました。会員のみならず、教育関係者の方、教育現場に興味のあるコーチングを実践されている方のご参加もお待ちしております。

久米昭洋先生「小中学校教員初任者研修・初任者指導教員研修の研修連携による効果(仮)」
関戸冬彦先生「英語学習における環境作りにおいてコーチングが果たす役割、学習者への影響や効果(仮)」
(+発表者が追加になる可能性があります。)
*発表者の報告を受けて、会場でワークショップ形式のディスカッションを行う予定です。

【講師】
久米昭洋先生(常葉大学大学院 初等教育高度実践研究科)
関戸冬彦先生(獨協大学)

【会場世話人】
連絡先 明治大学 阪井和男

【主催】アカデミック・コーチング学会

【共催】明治大学サービス創新研究所

【お申込み】 https://kokucheese.com/event/index/540395/

(1) 2 »
会員ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

カレンダー
前月2021年 10月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今日>
学会誌

学会誌「アカデミック・コーチング研究」

(ISSN:2433-9334)

創刊準備号・創刊号をオンライン発行しました。

創刊準備号(2018.3.31)

創刊号(2019.12.31)